公明正大(こうめいせいだい)

「公明正大」の意味

公明正大

読み:こうめいせいだい

意味:心が公平で正しいこと

「公明」は、公平でかたよらず、隠し立てがないこと。「正大」は、心が正しくて堂々としてるさま。「公明」と「正大」は、どちらも似た意味のことばです。

つまり、心が公平で正しく、ごまかしたり不正を働いたりすることのないようすを表します。

「公明」を「光明(こうみょう)」と間違えて「明正大」と書いたり、「正大」と「盛大」とを混同して「公明大」と書いたりしないように注意しましょう。

「公明正大」の使い方

(例)国公立大学の入学試験が公明正大に行われた。

公平で正しく、人目をはばかるところがないようすを表すときに用います。

類義語

「公明正大」に類似した意味の四字熟語として、「公平無私(こうへいむし)」があります。