「擦る」「磨る」「擂る」の違い

異字同訓

「擦る」「磨る」「擂る」の意味の違い

【擦る】強くこする

【磨る】こすりつけて減らす

【擂る】細かく押しつぶす

「擦る」「磨る」「擂る」は、すべて「する」と読む異字同訓の語です。

「擦る」は、表面に傷がつくほどに強くこすることを意味します。摩擦。そこから転じて、多くの人に接して純真でなくなる、ずるくなるという意味を表すこともあります。

「擦る」に比べて軽くこすることを表すことばとして、「摺る」を用いることがあります。「摺り切り」「摺り足」など。

「磨る」は、こすりつけて少しずつ減らすという意味です。使い果たすという意味で、「摩る」と書くこともあります。

「擂る」は、棒などで押しつぶすようにして細かく砕くという意味です。すりつぶすときにゴロゴロと「雷」のような音がするようすから、この字が当てられます。

「擦る」の使用例

  • マッチを擦る
  • 膝を擦りむく
  • 袖口が擦り切れる
  • 股が擦れる
  • 擦りつける
  • 擦り合わせる
  • 擦り切れる
  • 擦り抜ける
  • 擦り込む
  • 擦れ合う
  • 擦れ違い
  • 擦れ擦れ
  • 擦り傷
  • 頬擦り(ほおずり)
  • 世間擦れ〔=社会で苦労してずる賢くなること〕
  • 擦れっ枯らし〔=世間ずれした人〕

「磨る」の使用例

  • 墨を磨る
  • 大根を磨り下ろす
  • 靴底が磨り減る
  • 神経を磨り減らす
  • 磨りガラス
  • 財産を磨る(摩る)/ギャンブルで磨る(摩る)

「擂る」の使用例

  • ゴマを擂る
  • 擂り(磨り)潰す
  • 擂鉢(すりばち)/擂粉木(すりこぎ)