「慎む」と「謹む」の違い

異字同訓

「慎む」と「謹む」の意味の違い

【慎む】行き過ぎないように心がける

【謹む】相手に対して敬意を表す

「慎む」と「謹む」は、ともに「つつしむ」と読む異字同訓の語です。

「慎む」は、行き過ぎた言動をして失敗することのないように心がける、控え目にするという意味です。

「謹む」は、相手に対して敬意を表す、かしこまるという意味です。「謹んで~する」の形で用いられます。

「慎む」の使用例

  • 身(行い)を慎む
  • 言葉(私語)を慎む
  • 酒を慎む

「謹む」の使用例

  • 謹んで承(うけたまわ)る
  • 謹んでお詫び申し上げます