「無い」と「亡い」の違い

異字同訓

「無い」と「亡い」の意味の違い

【無い】存在・動作を打ち消す

【亡い】死んでこの世にいない

「無い」と「亡い」は、ともに「ない」と読む異字同訓の語です。

「無い」は、「~がない」「~しない」というように存在や動作・状態を打ち消す意味をもつ語です。

一般に「ない」とかな書きすることが多い語ですが、存在を打ち消す場合(~がない)は「無い」と漢字で書くこともあります。

「亡い」は、死んでもうこの世にいないという意味を表す語です。

「無い」の使用例

《存在を打ち消す》

  • 時間がない(無い)
  • お金がなく(無く)なる
  • 有ること無いこと言い触らす
  • 無い袖(そで)は振れぬ〔=無理だ〕
  • 無い物ねだり

《動作・状態を打ち消す》

  • 見ない/話さない
  • 寒くない
  • 元気でない

「亡い」の使用例

  • 祖父が亡くなる
  • 今は亡い人
  • 亡き友人を偲(しの)ぶ
  • 父を亡くす