琴線に触れる(きんせんにふれる)

慣用句

「琴線に触れる」の意味

琴線に触れる(きんせんにふれる)は、聞き手に感動や共感を与えるという意味の慣用句です。

「琴線」とは、琴(こと)の糸のことで、比喩的に心の奥にある共鳴しやすい感情を意味します。

それに「触れる」とは、言葉がその感情にふれて共鳴するということ、つまり、聞き手(読み手)に感動や共感を与えるという意味を表します。

「琴線に触れる」を相手をうっかり怒らせるという意味で使うのは誤った用法です。その意味を表す場合には、「逆鱗に触れる(げきりんにふれる)」という表現を使います。

「琴線に触れる」の使用例

・「ある作家の作品が私の心の琴線に触れて、すっかり彼のファンになってしまった。」

例文のように「心の琴線」という表現をすることがよくあります。

「琴線に触れる」の類似表現

  • 感銘を受ける(かんめいをうける)
  • 心を打つ(こころをうつ)
  • 胸を打つ(むねをうつ)
  • 胸に響く(むねにひびく)
  • 心に染みる(こころにしみる)
  • 心を揺さぶる(こころをゆさぶる)