指をくわえる(ゆびをくわえる)

「指をくわえる」の意味

指をくわえる(ゆびをくわえる)は、うらやましけれど手を出せない、という意味の慣用句です。

ほしい・うらやましいと思いながらも、手を出せずにただ見ているしかない様子を、小さな子供が指をくわえて物欲しそうにしている様子にたとえたものです。

「指をくわえる」の使用例

・「あこがれの高級車に他人が乗るのを指をくわえて見ているしかなかった。」

「指をくわえる」の類似表現

  • 羨望の眼差し(せんぼうのまなざし)
  • 垂涎の的(すいぜんのまと)