「魚」と「肴」の違い

紛らわしい語異字同訓

「魚」と「肴」の意味の違い

【魚】生き物の「うお」

【肴】酒のつまみ

「魚」と「肴」は、ともに「さかな」と読む異字同訓の語です。

「魚」は、水中でえら呼吸をして泳ぐ脊椎(せきつい)動物を指します。うお。

「肴」は、酒を飲むときにつまむものを意味します。酒を飲む場を面白くするための余興を指すこともあります。

「魚」も「肴」も、その語源は「酒菜(さかな)」、つまり、酒を飲むときに食べる物という意味でした。

「魚」の使用例

  • 魚が泳ぐ
  • 魚を釣る
  • 焼き魚

「肴」の使用例

  • スルメを肴に酒を飲む
  • 懐かしい話を肴にする