「回り」と「周り」の違い

異字同訓

「回り」と「周り」の意味の違い

【回り】まわること

【周り】近い範囲、周辺

「回り」と「周り」とは、ともにマワリと読む異字同訓の語です。

「回り」は、まわること、めぐることを意味します。回転。周回。

「周り」は、取り囲むように近い範囲にあることを意味します。周囲、周辺。

「周り」の語は、周囲、周辺という意味にかぎって用いられます。 一般的には、「回り」を用います。

「回り」の使用例

  • 回りがよくなる
  • 時計回り
  • 火の回りが早い
  • 得意先回り
  • 遠回りする
  • 身の回り
  • 胴回り
  • 運動場を一回りする
  • 一回り上の先輩〔=12年〕

「周り」の使用例

  • 池の周り
  • 周りの目が気になる
  • 口の周り
  • 学校の周りにはお店がない