「花」と「華」の違い

異字同訓

「花」と「華」の意味の違い

【花】植物のハナ、見栄えするもの

【華】きらびやかで人目をひくこと・もの

「花」と「華」は、ともに「はな」と読む異字同訓の語です。

「花」は、植物が咲かせるハナを意味します(古くはウメ、現代ではサクラを指すことが多い)。見栄えがするもののたとえとして用いられることも多くあります。

「華」は、きらびやかで人目を引くこと・ものを意味します。転じて、そのものの一番よい時期や、一番すぐれたところ(精髄)という意味でも用いられます。

「花」の使用例

  • 花が咲く(散る)
  • 花見
  • 花びら
  • 花火
  • 花道を飾る
  • 両手に花
  • 花の都
  • 花に嵐(はなにあらし)〔=好いことには障害が多い〕
  • 花を添える〔=美しさを加える〕
  • 花を持たせる〔=相手に手柄を譲る〕
  • 花も実もある(はなもみもある)〔=名実ともに備えている〕
  • 花より団子(はなよりだんご)〔=風流よりも実利を重んじるさま〕

「華」の使用例

  • 華やかな世界
  • 華々しい活躍
  • 華のある役者
  • 言われるうちが華
  • 人生の華
  • 文化の華
  • 武士道の華
  • 火事と喧嘩は江戸の華(かじとけんかはえどのはな)