「足」と「脚」の違い

異字同訓

「足」と「脚」の意味の違い

【足】くるぶしから先の部分

【脚】胴から下の部分

「足」も「脚」も、どちらもアシと読む異字同訓の語です。

「あし」とは、人間をふくめた動物の胴体をささえる部分を指すことばです。

「あし」を「足」と書き表すときは、主に足首のくるぶしからつま先までの部分を指します。

「あし」を用いた動作を表すことばや、比喩的あるいは慣用的な表現の場合には、「足」の字を用いるのが一般的です。

これに対して、「脚」と書く場合は、胴体から下に長く伸びた部分を指します。

以上は、「足」と「脚」との区別を意識した場合の意味であって、とくに区別を意識せずに「足」で胴から下の部分を指すこともあります。

なお、手足の区別をしない生き物(四足歩行の動物や昆虫など)の場合には、「」の字を当てることもあります。

「足」の使用例

  • 足の甲/足の裏/足の指
  • 足が速い
  • 足を滑らせる
  • 足を入れる/足を踏み入れる
  • 足が向く
  • 足が棒になる
  • 足が出る
  • 足を洗う
  • 足の踏み場もない
  • 足を出す
  • 足を休める
  • 足が地に着かない
  • 逃げ足が速い
  • 客足が遠のく
  • 襟足(えりあし)

「脚」の使用例

  • 机の脚(足)
  • 脚(足)を組む/脚(足)を広げる
  • 脚の線が美しい
  • 雨脚(あまあし)が弱まる