幅を利かせる(はばをきかせる)

慣用句

「幅を利かせる」の意味

幅を利かせる(はばをきかせる)は、威勢をふるう、という意味の慣用句です。

「幅」は、自由にできる余地ということで、ここでは威勢を意味します。

自分を大きく見せようとして威勢をふるう・威張ることを表しています。

「利かせる」を「効かせる」と書くと誤りになります。

「幅を利かす(はばをきかす)」「幅をする(はばをする)」「幅を取る(はばをとる)」ともいいます。

「幅を利かせる」の使用例

・「あの教授は、学会でいつも幅を利かせている。」

「幅を利かせる」の類似表現

  • 権勢を振るう(けんせいをふるう)
  • 大きな顔(おおきなかお)
  • 大上段に構える(だいじょうだんにかまえる)