顔が広い(かおがひろい)

慣用句

「顔が広い」の意味

顔が広い(かおがひろい)は、付き合いが広くて多くの人に知られているという意味を表す慣用句です。

ここでの「顔」はその人自身のことであり、また、「広い」は及ぶ範囲が大きいという意味で使われています。

つまり、「顔が広い」で、その人の交際の範囲が大きくて多くの人に知られている、知り合いが多方面にいる、人脈が広いという意味を表しています。

この慣用句は、良い意味で知られている場合にだけ使われ、悪い意味で有名である場合には使われません。

「顔が広い」の使用例

・「彼はこの業界で顔が広いので、仕事に困らない。」

「顔が広い」の類似表現

  • 顔が利く(かおがきく)
  • 顔が売れる(かおがうれる)
  • 名が通る(ながとおる)
  • 名を馳せる(なをはせる)