目を皿にする(めをさらにする)

「目を皿にする」の意味

目を皿にする(めをさらにする)

意味:目を大きく見開く

目を大きく開いたときの形を、丸い皿にたとえた慣用句です。

何かに驚いて凝視したり、探し物をしたりして神経を集中させている様子を表すときに用いられる表現です。

「目を皿のようにする」とも言います。

「目を皿にする」の使用例

・財布を落として、目を皿にして探し回った。

「目を皿にする」の類似表現

  • 目を丸くする
  • 目を見張る
  • 目を凝らす