途方に暮れる(とほうにくれる)

慣用句

「途方に暮れる」の意味

途方に暮れる(とほうにくれる)は、どうしていいかわからずに困る、という意味の慣用句です。

「途方」は進むべき方向という意味で、「暮れる」は時間が過ぎていくという意味です。

解決するためによい方法・手段がなくて、どうしたらよいかわからずに困ることを表します。

「途方に暮れる」の使用例

・「どこかに財布を忘れて、電車で帰れずに途方に暮れる。」

「途方に暮れる」の類似表現

  • お手上げ(おてあげ)
  • なす術がない(なすすべがない)
  • 手に負えない(てにおえない)