歯に衣着せぬ(はにきぬきせぬ)

慣用句

「歯に衣着せぬ」の意味

歯に衣着せぬ(はにきぬきせぬ)

意味:思ったことを率直に言う

「衣(きぬ)」は衣服のことで、それを「歯」に着せないというのは言葉を飾らないことのたとえ。

自分の思ったことを遠慮して隠したりせずに、ずばずばと率直に言うさまを表しています。

この慣用句の「衣」は、「きぬ」と読み、「ころも」とは読みません。

「歯に衣を着せない」ということもあります。

「歯に衣着せぬ」の使用例

・その評論家は、歯に衣着せぬ批評で知られる。

「歯に衣着せぬ」の反対表現

  • 奥歯に物が挟まったよう