手に汗を握る(てにあせをにぎる)

慣用句

「手に汗を握る」の意味

手に汗を握る(てにあせをにぎる)は、どうなることかとはらはらする、という意味の慣用句です。

何かを心配して緊張すると、握りしめた手のひらに汗をかきます。

そこから、何かの成り行きを見守っていて、どうなることかと心配・興奮してはらはらする様子を表すときに使われます。

「手に汗握る(てにあせにぎる)」ともいいます。

「手に汗を握る」の使用例

・「一進一退の攻防が続いて、手に汗を握る試合だった。」

「手に汗を握る」の類似表現

  • 息を呑む(いきをのむ)
  • 固唾を吞む(かたずをのむ)