骨を惜しむ(ほねをおしむ)

「骨を惜しむ」の意味

骨を惜しむ(ほねをおしむ)は、苦労をいやがって怠ける、という意味の慣用句です。

「骨」を使う仕事=苦労することを「惜しむ」ということから、苦労・労苦を嫌がって仕事などを怠けることを表します。

「骨惜しみする(ほねおしみする)」ともいいます。

なお、「骨身(ほねみ)」を使って「骨身を惜しむ」という言い方はしません。正しくは、「骨身を惜しまず」です。

「骨を惜しむ」の使用例

・「骨を惜しむことなく、精一杯がんばりなさい。」

「骨を惜しむ」の類似表現

  • 手を抜く(てをぬく)
  • 骨を盗む(ほねをぬすむ)