名を残す(なをのこす)

慣用句

「名を残す」の意味

名を残す(なをのこす)は、名声を後世までとどめる、という意味の慣用句です。

その分野で偉大な功績を挙げた人の名声・評判が後世にまで伝えられることを表します。

「名を残す」の使用例

・「世界記録を樹立した選手として後世に名を残す。」

「名を残す」の類似表現

  • 名を留める(なをとめる)
  • 名を竹帛に垂る(なをちくはくにたる)
  • 歴史に名を刻む(れきしになをきざむ)
  • 殿堂入り(でんどういり)