目の中に入れても痛くない(めのなかにいれてもいたくない)

「目の中に入れても痛くない」の意味

目の中に入れても痛くない(めのなかにいれてもいたくない)は、子孫をとてもかわいいと思う、という意味の慣用句です。

自分の幼い子や孫をかわいくてたまらない様子を表すときに使われます。

「目に入れても痛くない(めにいれてもいたくない)」ともいいます。

「目の中に入れても痛くない」の使用例

・「おじいちゃんは、孫娘を目の中に入れても痛くないほど溺愛している。」

「目の中に入れても痛くない」の類似表現

  • 掌中の珠(しょうちゅうのたま)