腕を磨く(うでをみがく)

慣用句

「腕を磨く」の意味

腕を磨く(うでをみがく)

意味:技量が向上するように努力する

この場合の「腕」は、ある方面の物事を行うための技術・能力という意味です。

それを「磨く」(鍛える)ということで、技量を向上させるために練習・訓練を積んで努力するという意味を表す慣用句になります。

「腕を磨く」の使用例

・一人前の料理人になるためにもっと料理の腕を磨きたい。

「腕を磨く」の類似表現

  • 刻苦勉励(こっくべんれい)
  • 研鑽を積む