足が棒になる(あしがぼうになる)

慣用句

「足が棒になる」の意味

足が棒になる(あしがぼうになる)は、足が疲れてこわばる、という意味の慣用句です。

長い時間、歩き続けていたり立ったりしていると、足の筋肉が疲労により硬直して(こわばって)曲げることができない状態になります。

そのような状態を「棒」にたとえた慣用句です。

「足が棒になる」の使用例

・「頂上を目指して山道を登り続けて足が棒になった。」

「足が棒になる」の類似表現

  • 足を棒にする(あしをぼうにする)
  • 足を擂り粉木にする(あしをすりこぎにする)