馬が合う(うまがあう)

慣用句

「馬が合う」の意味

馬が合う(うまがあう)は、お互いに気持ちがぴったり合う、という意味の慣用句です。

お互いの気持ちや考え方がぴったり合う、人間関係がしっくりくることを、馬と乗り手との相性がよく合うことにたとえています。

反対に、お互いの相性が悪いときには、「馬が合わない」と表現します。

「馬が合う」の使用例

・「彼とは、性格のタイプが違うが、なぜか妙に馬が合う。」

「馬が合う」の類似表現

  • 気が合う(きがあう)
  • 反りが合う(そりがあう)
  • 息が合う(いきがあう)
  • 呼吸が合う(こきゅうがあう)
  • 肌が合う(はだがあう)
  • 意気投合(いきとうごう)