「ほつれる」と「ほころびる」の違い

「ほつれる」と「ほころぶ」の意味の違い

【ほつれる(解れる)】糸がほどける、髪が乱れる

【ほころびる(綻びる)】布の縫い目がほどける、穴が空く

「ほつれる(解れる)」は、布やニットなどの編んだ糸ががほどける、また、きちんと束ねてある髪などが乱れることを意味します。

「ほころびる(綻びる)」は、「ほころぶ(綻ぶ)」とも書き、布の縫い目がほどけ(てすきまができ)たり、生地に穴が空いたりすることを意味します。また、蕾(つぼみ)が開き始めるという意味や、表情がやわらぐ・笑顔になるという意味もあります。

「ほつれる」は糸に注目したときに、「ほころびる」は生地に注目したときに用いられる傾向があります。

「ほつれる」の使用例

  • セーターがほつれる
  • 髪がほつれる

「ほころびる」の使用例

  • ズボンがほころびる
  • 袖口がほころびる