目も呉れない(めもくれない)

慣用句

「目も呉れない」の意味

目も呉れない(めもくれない)は、まったく無視する、という意味の慣用句です。

見ることさえもしてくれないということから、まったく関心を示さないで無視するという意味で使われます。

たいていの場合は、何かほかの物事に集中しているというニュアンスを含んでいます。

「目も呉れない」の使用例

・「テストが近いので、テレビには目も呉れないで勉強する。」

「目も呉れない」の類似表現

  • 見向きもしない(みむきもしない)
  • 眼中に無い(がんちゅうにない)
  • 気にも掛けない(きにもかけない)
  • 歯牙にもかけない(しがにもかけない)

「目も呉れない」の反対表現

  • 目をやる(めをやる)
  • 目を付ける(めをつける)
  • 目が行く(めがいく)
  • 心を惹かれる(こころをひかれる)