槍玉に挙げる(やりだまにあげる)

慣用句

「槍玉に挙げる」の意味

槍玉に挙げる(やりだまにあげる)は、非難の対象に取りあげる、という意味の慣用句です。

「槍玉」は、槍を手玉のように自在に扱うことを意味します。

多くの中から一人または一つを選んで、非難・攻撃の対象として取り上げることを表しています。

「槍玉に挙がる」ということもあります。

「槍玉に挙げる」の使用例

・「環境汚染の原因としてプラスチック製品が槍玉に挙げられた。」

「槍玉に挙げる」の類似表現

  • 集中砲火(しゅうちゅうほうか)
  • 矢面に立つ(やおもてにたつ)