「立つ」「建つ」「起つ」「発つ」の違い

異字同訓

「立つ」「建つ」「起つ」「発つ」の意味の違い

【立つ】垂直になる、ある場所・状況に身を置く、はっきり現れる、立派に成立する

【建つ】建造物ができる

【起つ】行動を起こす

【発つ】出発する

「立つ」「建つ」「起つ」「発つ」は、いずれも「たつ」と読む異字同訓の語です。

「立つ」は、まっすぐ縦の状態になる、垂直になるという意味です。そこから、ある場所・位置・状況に身を置くことや、その場所を離れることにも用いられます。

また、比喩的に、何かがはっきりとした存在として現れるようになる意味や、物事が立派に成立するという意味で用いられることもあります。

「建つ」は、建物などの建造物が出来上がるという意味です。建設。

「起つ」は、ある目的のために行動を起こすという意味です。決起。「立つ」を用いることもあります。

「発つ」は、その場所から別の場所へ向かうという意味です。出発。

「立つ」 の使用例

  • 椅子から立つ
  • 舞台に立つ
  • 毛が立つ
  • 人が立ち並ぶ
  • 優位に立つ
  • 岐路(きろ)に立つ
  • 席を立つ〔=離れる〕
  • 煙(泡)が立つ
  • 風(波)が立つ
  • 腹(神経)が立つ
  • 評判(うわさ)が立つ
  • 見通し(計画)が立つ
  • 言い訳(義理)が立つ
  • 顔(面目)が立つ
  • 世に立つ
  • 成り立つ
  • 腕(筆、弁)が立つ
  • 役に立つ
  • 立ち上がる
  • 人目に立つ/目立つ
  • 旅立つ
  • 湯が沸き立つ
  • いきり立つ
  • 襖(ふすま)が立つ(閉つ)〔=閉まる〕
  • 年月が立つ(経つ)〔=経過する〕

「建つ」 の使用例

  • 家(銅像)が建つ
  • 煙突が建っ(立っ)ている
  • お墓が建ち並ぶ

「起つ」の使用例

  • 一致団結して起つ(立つ)
  • 正義のために起つ(立つ)
  • 民衆が起ち(立ち)上がる

「発つ」の使用例

  • 郷里を発つ
  • 東京へ向けて発つ