「適う」「叶う」「敵う」の違い

異字同訓

「適う」「叶う」「敵う」の意味の違い

【適う】ぴったり当てはまる

【叶う】望みが実現する

【敵う】対抗することができる

「適う」「叶う」「敵う」は、いずれも「かなう」と読む異字同訓の語です。

「適う」は、ぴったり当てはまる、適合するという意味です。

「叶う」は、望みが実現する、思い通りになるという意味です。

「敵う」は、対抗することができる、匹敵するという意味です。ふつうは、打ち消しの表現をともなって、勝つことができないという意味で用います。

なお、「適」と「叶」には、「かなえる」という読み方もあります。

「適う」の使用例

  • 道理(礼儀)に適う
  • 目的(条件、趣旨)に適う
  • 理想に適った相手
  • すべての条件を適える

「叶う」の使用例

  • 夢(希望、念願)が叶う
  • 叶わぬ恋
  • 望み(願いごと)を叶える
  • 叶わぬ時の神頼み(かなわぬときのかみだのみ)〔=困ったときにだけ神に祈ること〕

「敵う」の使用例

  • 敵う相手ではない
  • 年には敵わない
  • こう暑くては敵わない〔=耐えられない〕