「敷く」と「布く」の違い

異字同訓

「敷く」と「布く」の意味の違い

【敷く】一面に広げる・並べるなど一般的

【布く】広く設置する、行き渡らせる

「敷く」と「布く」は、ともに「しく」と読む異字同訓の語です。

「しく」は、広い範囲に設置したり、行き渡らせたりするという意味を表します。また、一面に広げる・並べるという意味や、何かの下に物を広げるという意味を表すこともあります。

「敷く」と書くときは、上のいずれの意味をも表すことができます。

これに対して、「布く」と書くときは、広く設置する・行き渡らせるという意味のみを表します。

「敷く」の使用例

  • カーペット(布団)を敷く
  • 畳(砂利)を敷く
  • 座布団(ハンカチ)を敷く
  • 敷かれたレールの上を走る
  • 亭主を尻に敷く
  • 建物の敷地(しきち)

「布く」の使用例

  • 鉄道を布く(敷く)
  • 陣地を布く(敷く)
  • 戒厳令(厳戒態勢)を布く(敷く)
  • 善政(軍政)を布く(敷く)