「作る」「造る」「創る」の違い

異字同訓

「作る」「造る」「創る」の意味の違い

【作る】素朴な方法でこしらえる

【造る】大がかりな方法でこしらえる

【創る】新しいものを生み出す

「作る」「造る」「創る」は、いずれも「つくる」と読む異字同訓の語です。

「作る」は、素朴で人間的な方法によって何かをこしらえる、生み出すという意味です。形の有る物だけでなく、形の無い・抽象的な物事に対しても用います。

「造る」は、大がかりな、あるいは組織的な方法によって何かをこしらえるという意味です。形の有る物をつくる場合に用います。「醸造する」という意味もあります。

「創る」は、新しいもの、独創性のあるものを生み出すという意味です。一般に「作る」と言い換えることもできますが、独創性を強調するときには「創る」を用います。創作。

「作る」の使用例

  • コメを作る/料理を作る
  • 子どもを作る
  • 書類を作る
  • 歌(詩)を作る
  • 動画(映画)を作る
  • 規則(前例)を作る
  • 会社(組織)を作る
  • 機会(チャンス)を作る
  • 新記録を作る
  • 笑顔を作る
  • 作り話
  • 若作り

「造る」の使用例

  • 船を造る
  • 建物を造る
  • 公園(道路)を造る
  • 工場で製品を造る
  • 人材を造る
  • 酒(みそ)を造る
  • 合掌造り(がっしょうづくり)

「創る」の使用例

  • 新商品を創る(作る)
  • 新たな時代を創る(作る)
  • 流行を創り(作り)出す