四面楚歌(しめんそか)

「四面楚歌」の意味

四面楚歌

読み:しめんそか

意味:周りがみんな敵であること

「四面」は、周囲、四方という意味。

周りの人がすべて敵であって味方がいない、孤立した状態を表します。

中国の故事に由来する語です。

楚の王項羽(こうう)が垓下(がいか)で漢の劉邦(りゅうほう)の軍に包囲された。夜、包囲軍のなかの楚出身の者たちがたまたま楚の歌を歌った。それを聞いた項羽は、楚の民が漢に降伏してしまったと思い嘆いた。

「四面楚歌」の使い方

(例)自己中心的な言動を続けていると、みんなから嫌われて四面楚歌になるよ。

周りがみんな敵であることを表すときに用います。

類義語

「四面楚歌」に類似した意味の四字熟語として、「孤立無援(こりつむえん)」があります。