一期一会(いちごいちえ)

「一期一会」の意味

一期一会

読み:いちごいちえ

意味:生涯に一度だけ出会うこと

「一期」は一生、「一会」は一度の機会の意味。

つまり、一生涯に一度だけ出会う機会があるという意味を表します。

本来このことばは茶道における心得の一つで、客との出会いを一生に一度限りのものと考えて心を込めてもてなせという教えを意味しています。

そこから、人との出会いを大切にする気持ちを表すことばとして広く使われています。

読み間違いやすい四字熟語です。「一期」を「いっき」、「一会」を「いっかい」などと読まないように注意しましょう。

「一期一会」の使い方

(例)皆さんとお話しするのも一期一会の縁(えん)とうれしく思います。

一生に一度の出会いだからそれを大切にしたいという気持ちを表すときに用います。