絶体絶命(ぜったいぜつめい)

「絶体絶命」の意味

絶体絶命

読み:ぜったいぜつめい

意味:逃げられない困難な状況にあること

「絶体」も「絶命」も、ともに「九星占い」でいう凶星(不吉な星)の名前。

どうしても逃げられない困難な状況・立場にある状態、あるいは、追い詰められて進退きわまることを表します。

非常によくある間違いは、「絶絶命」というように、「体」を「対」と書いてしまうことです。「絶対」という熟語につられて間違いやすいので、注意しましょう。

「絶体絶命」の使い方

(例)車のブレーキが効かず、絶体絶命のピンチだ。

困難な立場に置かれて逃げられない状況を表す場合に使用します。困難な状況ではあっても、絶対に助からないとはかぎりません。