紛らわしい語

「荒い」と「粗い」の違い

投稿日:

「荒い」と「粗い」の意味の違い

【荒い】 動きが激しい

【粗い】 細やかでない、おおざっぱ

「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。

「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない、乱暴である状態・様子を意味します。

「粗い」は、粒や網の目が大きい・まばら、細部にまで注意が行き届いていないという意味です。対義語は「細かい」。

「荒い」の使用例

  • 波が荒い
  • 息づかいが荒い
  • 鼻息が荒い
  • 金遣いが荒い
  • 人使いが荒い
  • 荒い気性
  • 荒療治

「粗い」の使用例

  • 粒が粗い
  • 編み目の粗いセーター
  • 粗い手ざわりの布
  • きめが粗い
  • 仕事が粗い
  • 粗い計画
  • 粗く読む

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「文書」と「文章」の違い

「文書」と「文章」の意味の違い 【文書(ぶんしょ)】文字を書き記した媒体のこと 【文章(ぶんしょう)】文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの 「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記した …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」の意味の違い 【決済】代金受け渡しによって取引を終える 【決裁】責任者が案件の採否を決める 「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、代金の受け渡し・支 …

no image

「製作」と「制作」の違い

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「極限」と「局限」の違い

「極限」と「局限」の意味の違い 【極限】 物事のぎりぎりのところ 【局限】 範囲を限る 「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。 「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意 …