紛らわしい語

「観賞」「鑑賞」「感賞」の違い

投稿日:

「観賞」「鑑賞」「感賞」の意味の違い

【観賞】 自然の物をながめて楽しむ

【鑑賞】 芸術作品を味わう

【感賞】 感心してほめる

「観賞」「鑑賞」「感賞」は、それぞれカンショウと読む同音異義語です。

「観賞」は、動植物や風景など自然の物をながめてそのよさを楽しむという意味です。

「鑑賞」は、音楽や絵画、演劇などの芸術作品にふれてそのよさを味わうという意味です。

「感賞」は、感心してほめる、功績に対してほうびを与えるという意味です。

「観賞」の使用例

  • 庭園を観賞する
  • 観賞魚・観賞植物

「鑑賞」の使用例

  • 映画を鑑賞する
  • 演劇鑑賞会
  • 音楽鑑賞

「感賞」の使用例

  • 才識を感賞する
  • 感賞を授与する

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「攻める」と「責める」の違い

「攻める」と「責める」の意味の違い 【攻める】 相手を打ち負かそうとする 【責める】 相手の落ち度をあげて苦しめる 「攻める」と「責める」は、ともにセメルと読む同訓異字の語です。 「攻める」は、相手を …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」の意味の違い 【最後】ものごとの一番あと 【最期】死に際(ぎわ) 「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろと …

no image

「正当」と「正統」の違い

「正当」と「正統」の意味の違い 【正当】道理にかなっている 【正統】正しく受け継いでいる 「正当」も「正統」も、どちらもセイトウと読む同音異義語です。 「正当」は、正しく道理に適(かな)っていることを …