紛らわしい語

「賠償」と「補償」の違い

投稿日:

「賠償」と「補償」の意味の違い

【賠償】 違法行為による損害をつぐなう

【補償】 適法行為による損害をおぎなう

「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。

「賠償」は、バイショウと読み、相手の権利を侵害するなどの違法な行為によって与えた損害をつぐなう場合に用いられる法令用語です。たとえば、他人の物をわざと壊したときは、その金額を賠償する責任が生じます。一般には、「弁償(べんしょう)」ともいいます。

「補償」は、ホショウと読み、適法な行為によって与えた損害を補う場合に用いられる法令用語です。たとえば、土地を収用した場合には、所有者が受けた損失は金銭で埋め合わせられます。

「賠償」の使用例

  • 損害を賠償する
  • 賠償責任
  • 賠償金

「補償」の使用例

  • 損失補償
  • 刑事補償
  • 補償金

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「破断」と「破談」の違い

「破断」と「破談」の意味の違い 【破断】 金属製の物が断ち切れる。 【破談】 約束・縁談が取り消される。 「破断」も「破談」も、どちらもハダンと読む同音異義語です。 「破断」は、金属製の部品・材料が疲 …

no image

「極限」と「局限」の違い

「極限」と「局限」の意味の違い 【極限】 物事のぎりぎりのところ 【局限】 範囲を限る 「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。 「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意 …

no image

「省みる」と「顧みる」の違い

「省みる」と「顧みる」の意味の違い 【省みる】 自分の言動についてかんがえる 【顧みる】 振り返る、気にかける 「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。 「省みる」は、自分の …