「利く」と「効く」の違い

同訓異字語

「利く」と「効く」の意味の違い

【利く】 能力を十分に発揮する

【効く】 効能が現れる

「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。

「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶように役立たせることができるという意味です。機能。

「効く」は、効能・効き目が現れるという意味です。効果。

「利く」の使用例

  • 指先が利く
  • 鼻が利く
  • 顔が利く
  • 口を利く
  • 応用が利く
  • 機転が利く
  • 気が利く(気を利かす)
  • 無理が利く〔=できる〕

「効く」の使用例

  • 薬が効く
  • 宣伝が効く
  • つぶしが効く
  • 風刺が効く