「捌く」と「裁く」の違い

異字同訓語

「捌く」と「裁く」の意味の違い

【捌く】手際よく処理する

【裁く】判断を下す

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。

「捌く」は、手際よく処理するという意味です。

「裁く」は、善悪・理非についての判断を下すという意味です。とくに裁判官が事件についてする判断について用います。

「捌く」の使用例

  • 仕事を捌く
  • 在庫を捌く
  • 手綱を捌く
  • 鳥を捌く
  • ハンドル捌き

「裁く」の使用例

  • 罪(人)を裁く
  • 公平に裁く
  • 法の裁きを受ける