「正当」と「正統」の違い

同音異義語

「正当」と「正統」の意味の違い

【正当】道理にかなっている

【正統】正しく受け継いでいる

「正当」も「正統」も、どちらもセイトウと読む同音異義語です。

「正当」は、正しく道理に適(かな)っていることを意味します。対義語は「不当(ふとう)」。

「正統」は、創始者の直系の系統・血筋にあたることですが、そこから、伝統を正しく受け継ぐ、本来の様式を忠実に伝えるようすを意味します。対義語は「異端(いたん)」。

「正当」の使用例

  • 正当な理由
  • 正当性・正当化
  • 正当防衛

「正統」の使用例

  • 正統な後継者
  • 南朝を正統とする理由
  • 正統な芸風
  • 正統派の教義
  • テキーラの正統な飲み方