「荒い」と「粗い」の違い

同訓異字語

「荒い」と「粗い」の意味の違い

【荒い】 動きが激しい

【粗い】 細やかでない、おおざっぱ

「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。

「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない、乱暴である状態・様子を意味します。

「粗い」は、粒や網の目が大きい・まばら、細部にまで注意が行き届いていないという意味です。対義語は「細かい」。

「荒い」の使用例

  • 波が荒い
  • 息づかいが荒い
  • 鼻息が荒い
  • 金遣いが荒い
  • 人使いが荒い
  • 荒い気性
  • 荒療治

「粗い」の使用例

  • 粒が粗い
  • 編み目の粗いセーター
  • 粗い手ざわりの布
  • きめが粗い
  • 仕事が粗い
  • 粗い計画
  • 粗く読む