「遅れる」と「後れる」の違い

同訓異字語

「遅れる」と「後れる」の意味の違い

【遅れる】 間に合わない、おそくなる

【後れる】 他のもののあとになる

「遅れる」も「後れる」も、ともにオクレルと読む同訓異字の語です。

「遅れる」は、決められた時刻や時期に間に合わないことや、進み方が標準よりもおそい状態を意味します。遅延、遅刻、遅速など。対義語は「早(はや)まる」「進む」。

「後れる」は、他のものに先に行かれてあとになる、取り残されるという意味です。対義語は「先(さき)んずる」。この意味で「遅れる」を用いる場合もあります。

「遅れる」の使用例

  • 会議(時間)に遅れる
  • バスに遅れる
  • 到着が遅れる
  • 開発が遅れる
  • 時計が3分遅れる〔⇔進む〕

「後れる」の使用例

  • ライバルに後れをとる
  • 流行に後れる
  • 夫に後れる〔=死なれる〕
  • 時代後れ