紛らわしい語

「即する」と「則する」の違い

投稿日:2016年9月10日 更新日:

「即する」と「則する」の意味の違い

【即する】現実の事態に合わせる

【則する】基準にして従う

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。

「即する」は、理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時々の事態にぴったり適合・適応させるという意味です。

「則する」は、ある事柄を基準としてそれに従うという意味です。理論・規則・手本といったものをよりどころとして何かをするということです。「則(のっと)る」と読む場合も同義。

「即する」の使用例

  • 現実に即する
  • 変化に即する
  • 生活に則する
  • 事実に即して考える
  • 実情に即して対処する
  • 時代に即した教育

「則する」の使用例

  • 法に則する
  • 社会規範に則する
  • 基本方針に則する
  • 前例に則して行う

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …

no image

「影」と「陰」の違い

「影」と「陰」の意味の違い 【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿 【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所 「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。 「影」は、光が何かにさえぎら …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる …

no image

「成形」と「整形」の違い

「成形」と「整形」の意味の違い 【成形】形をつくる 【整形】形をととのえる 「成形」と「整形」は、いずれもセイケイと読む同音異義語です。 「成形」は、形をつくることを意味します。とくに型にはめてつくる …