「以外」と「意外」の違い

同音異義語

「以外」と「意外」の意味の違い

【以外】 それを除いたほかの物事

【意外】 予想と違うこと

「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。

「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす語です。たとえば、「私以外」というときは、「私」を除いた人について言及することをあらわしています。

「意外」は、実際の結果が予想と違っていた驚きの感情を意味します。思いのほか、案外。

「以外」の使用例

  • 関係者以外立ち入り禁止
  • そうする以外に方法がない
  • それ以外の何物でもない〔=まさにそれそのものだ〕

「意外」の使用例

  • 意外な結果に驚く
  • 意外に(意外と)親切な人
  • 意外や意外〔=まったく意外なことに〕
  • 意外性(意外さ)