「忖度」とは

忖度」という語は、ソンタクと読み、他人の心情をおしはかるという意味をあらわします。「忖」も「度」も、「はかる」という意味です。

おしはかるのは人の心情・気持ちであって、それ以外の物事には用いません。

用例:「彼の心中を忖度する」

「秀吉の心を、たれもみなそう忖度した」(吉川英治『新書太閤記』)

類語:斟酌(しんしゃく)、推察、慮る(おもんぱかる)