「油」と「脂」の違い

同訓異字語

「油」と「脂」の意味の違い

【油】 常温で液体のあぶら

【脂】 常温で固体のあぶら

あぶらは、植物・動物・鉱物からとれる燃えやすい有機物です。

あぶらのうち、常温で液体状のものを「油」、常温で固体状のものを「脂」と書き表します。

「脂」は、動物の肉のなかにある脂肪(しぼう)です。「膏」と書くこともあります。植物性の脂肪油とあわせて「油脂(ゆし)」といいます。

なお、人の皮膚からでる脂肪をふくんだ分泌物には「脂」を用います。

「油」の使用例

  • ごま油
  • 油絵
  • 油炒め
  • 油で揚げる
  • 油が切れる
  • 油を売る
  • 火に油を注ぐ
  • 油をしぼる
  • 水と油

「脂」の使用例

  • 牛肉の脂
  • 脂身
  • 脂汗
  • 鼻の脂
  • 脂が乗る
  • 脂ぎる
  • 脂っこい