「速い」と「早い」の違い

同音異義語

「速い」と「早い」の意味の違い

【速い】動作がすみやかである

【早い】時間が短い

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。

「速い」は、動作がすみやか・急であるという意味です。

「早い」は、それに要する時間が短い、時点・時刻が比較的前であることを意味します。

たとえば、「電車が速い」だと、その電車の速度・スピードがすばやいことを表し、「電車が早い」だと、その電車の到着時刻がいつもより前であることを表します。

「速い」「早い」どちらも対義語は、「遅い」。

なお、「早口」「早変わり」「早道」「手早い」「素早い」などの語は、一般的に「早(い)」のほうを用いますが、意味的には「速(い)」のほうが適切であるとも言えるので、「早(い)」を「速(い)」に置き換えて表記することもできます。

「速い」の使用例

  • 足が速い
  • 流れが速い
  • 仕事が速い
  • 回転が速い
  • 変わり身が速い
  • 速い動き

「早い」の使用例

  • 桜の開花が早い
  • 到着が二日早い
  • 早く起きる
  • 朝早い
  • 結婚はまだ早い
  • 電車のほうが早い