似た意味の語

「表題」と「標題」の使い分け

投稿日:

「表題」と「標題」の意味の使い分け

【表題】書物・作品の名前

【標題】内容を簡単にあらわした言葉

「表題」と「標題」は、ともにヒョウダイと読む同音異義語です。

「表題」も「標題」も、名前、題目、主題といった意味をあらわしますが、「表題」は書物のようなまとまった作品や催し物の名前・タイトルを指す傾向があるのに対して、「標題」は見出し・件名のように言葉がそのものの内容を簡単に要約している場合を指す傾向があります。

「表題」の使用例

  • 本の表題
  • 表題紙
  • 表題を掲げる

「標題」の使用例

  • 文書の標題
  • 標題の件
  • 標題音楽

-似た意味の語
-

執筆者:

関連記事

no image

「長い」と「永い」の違い

「長い」と「永い」の意味の違い 【長い】距離・時間のへだたりが大きい 【永い】時間が長い、永久 「長い」と「永い」は、どちらもナガイと読む異字同訓の語です。 「長い」は、端から端までの距離、または始め …

no image

「捕らわれる」と「囚われる」の違い

「捕らわれる」と「囚われる」の意味の違い 【捕らわれる】つかまる 【囚われる】思考を束縛される 「捕らわれる」も「囚われる」も、どちらもトラワレルと読む異字同訓語です。 「捕らわれる」は、とらえられる …

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「丸い」と「円い」の使い分け

「丸い」と「円い」の意味 「丸い」も「円い」も、どちらもマルイと読む異字同訓の語です。 「丸い」は、球形(または円形)をしていることや、角がないこと、円満・穏やかであることを意味します。 「円い」は、 …

no image

「基準」と「規準」の違い

「基準」と「規準」の意味の違い 【基準】比較のよりどころとなるもの 【規準】行動などの手本となるもの 「基準」も「規準」も、ともにキジュンと読む同音異義語です。 「基準」は、比較・判断のよりどころとな …