紛らわしい語

「特徴」と「特長」の違い

投稿日:2017年9月18日 更新日:

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。

「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。

用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」

「特長」は、とくにすぐれた点を意味します。

用例:「素材の特長を生かす」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …