「形」と「型」の違い

同音異義語

「形」と「型」の意味の違い

【形】 物の姿かたち

【型】 何かをつくるもとになるもの

「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。

「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。

「型」は、何かをつくるときにそのもとになる形をもったものの意味です。そこから、模範となるやり方、同種の特徴をもったものという意味をも表します。原型、タイプ、パターン。

「形」と「型」とは、厳密に使い分けられているわけではありません。「型」の意味で「形」を用いることもあります。

「形」の使用例

  • 洋服の形(かた)がくずれる
  • 卵形(卵型)
  • 髪形(髪型)
  • 柔道の形(型)
  • 尾形船
  • 借金の形に取る〔=担保〕

「型」の使用例

  • 型を取る
  • 鋳型
  • 血液型
  • 型紙
  • 型にはまる(はめる)
  • 型を破る