「後世」と「後生」の違い

同音意義

「後世」と「後生」の意味の違い

【後世】のちの時代

【後生】あとから生まれる(学ぶ)人

「後世」も「後生」も、ともにコウセイと読む同音異義語です。

「後世」は、自分たちが死んだのちの時代を意味します。後代。対義語は「前世」。

「後生」は、自分のあとから生まれる人、あるいは学ぶ人を意味します。後輩、後進。その後の人生という意味で用いるのは誤りです。

なお、「後生」にはゴショウと読むこともあり、その場合には死後に生まれる世界、来世(らいせ)を意味します。

「後世」の使用例

  • 後世に名を残す(とどめる)
  • 後世に伝える

「後生」の使用例

  • 後生を育成する
  • 後生おそるべし〔=後生は、大物になるかもしれないから、あなどることはできない〕