「技」と「業」の違い

同音異義語

「技」と「業」の意味の違い

【技】 技術、腕前

【業】 行い、仕事

「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。

「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技能を意味します。

「業」は、技能を持ったものがする行い、仕事を意味します。

ある仕事をするための技術・能力が「技」、その仕事自体が「業」ということになります。

「技」には、柔道や相撲などで相手にかける術という意味もあります。

「技」の使用例

  • 技を競う(みがく)
  • 柔道の技
  • 技をかける
  • 技がきまる
  • 寝技(ねわざ)

「業」の使用例

  • 人間業
  • 神業
  • 貧困のなせる業
  • 容易な業ではない
  • 至難の業
  • 軽業師